プロのエンジニアやプログラマーを輩出するitの専門学校とは?

IT関連の専門学校はエンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど様々な職種に必要な専門知識を学べる学校です。専門知識を徹底的に学ぶことで即戦力となる人材を育て、ITの現場で活躍出来る人を沢山輩出しています。

そこでIT関係の専門学校の基礎知識やメリット、学ぶときの注意点や就職に強い理由などを紹介します。

IT関連の専門学校とは?

IT関係の専門学校とはIT関連の知識を学ぶことが出来る学校です。高校を卒業した人や社会人などを対象にした学校で、IT関連の企業などに就職することを目的としていたり、プロとして活躍出来るようなスキルを身につけたりすることができます。

1990年代に突入すると日本国内でIT革命が行われ、様々な分野でパソコンやインターネットが活用されるようになりました。さらに、コンピューターやインターネットが進化を遂げている現代ではIT関係の知識を持った人材の需要が高まっており、どの業種でもある程度の知識を持っている人は貴重な人材として扱われることも多いです。

そこからIT関係の専門学校が増加し、コンピューターを使うことが出来る人材を育てようという動きが活発になったのです。IT関係の専門学校ではコンピューターの基礎知識から情報処理、プログラミングなどコースによって様々なことを学ぶことが出来ます。

プログラミング言語やWebサイトの作成、システムの構築など高度な専門知識を学ぶことが出来るのも特徴です。最終的には国家資格に挑戦することが出来たり、IT関係の職種に就くことが可能になったりします。

どんなことを学べるのか

ITの専門学校ではIT関連の基本的な知識やプログラミング、システム設計などが学べるのが一般的です。基本的な知識ではコンピューターがどうして動くのか、その動作原理などを教えて貰えます。

ハードウェアやソフトウェア、データベースなどの知識も深めていきます。基礎知識はIT関係の国家資格の試験問題で出題されることもあるので、覚えておくと便利です。プログラミングの勉強ではjavaやVisual Basicなどプログラミングに必要な知識だけでなく、アルゴリズムや手続き型などより専門的な科目もあります。

エンジニアを目指す専門学校ではあまりプログラミングは必要ありませんが、正確にシステムの設計が出来るようにプログラミングを学ぶ学校もあります。また、システム設計では三層アーキテクチャやクライアントサーバーシステムなどを勉強します。

将来就職してから携わるプロジェクトによってシステムの構築は違ってきますが、大まかなアーキテクチャは共通しているのでここでしっかり学べば応用もきくようになるのです。

専門学校で学ぶメリットとは

IT系の専門学校で学ぶメリットの一つは、プロになったときに必要な知識を学べることです。実践的な勉強が中心となるので、いざ現場で働いたときでも困らないようなスキルが身につけられるのは良い点です。高校卒業後にIT系の大学に通ったとしても、大学では必須科目として国語や英語などの勉強も行われますが、専門学校ならIT関連の勉強だけをするのでより多くの知識を得られます。

時間も無駄にならないので、短期間でプロとして活躍出来るのは嬉しいポイントです。また、同じ夢や目的を持った仲間が集まっているので、お互いに励まし合いながら夢を追いかけられます。在学中はもちろんのこと、就職してからも情報の交換をしたり、仕事の相談相手になってくれたりと頼もしい味方が増えることもあるのです。

さらに、専門学校では特定の業種に就職することを目的としているケースが多いため、専門学校に来ている求人も沢山あります。専門学校側もしっかりとサポートしてくれるので、就職しやすいのも良いところです。

選ぶときに注意したいこと

専門学校を選ぶときにはカリキュラムの内容や交通の便、学内の設備や進路状況など様々なことをチェックして選ぶのが大切です。なりたい職業や学びたい専門知識が決まっているのなら、それに合ったカリキュラムが組まれているのか確認します。

例えば、プログラム言語が学びたいのならどのような言語を扱っているのか、資格取得に挑戦したいのなら資格取得するためのカリキュラムがあるのか細かく見ておくと安心です。また、自宅から学校に通いやすいのかも大事なポイントで、朝早くから授業があるときや夜遅くまで勉強していた場合でも無理なく通える場所の専門学校を選択します。

あまり遠すぎると通うのが難しくなり、途中で挫折してしまうこともあるのです。ですから、なるべく通える範囲で、自宅から通うのは困難だと判断した場合は一人暮らしや寮生活なども視野に入れます。学校内の施設も確認することが大切で、コンピューターが最新機器なのか、機種によっては勉強出来る内容は制限されていないかを確かめます。

さらに、卒業生の進路状況も確かめて、どのような企業に就職しているのか、就職率は高いのかも調べておくのです。積極的に説明会や体験入学などにも足を運んで、学内の雰囲気や勉強している様子などを確かめて選ぶようにすると後悔も少なくなります。

なぜ専門学校は就職に強いのか?

IT関連の専門学校では高い就職率を出している学校が多いのが印象的です。専門学校によって就職率は当然違ってきますが、80%から90%以上の就職率を叩き出している専門学校も少なくありません。その理由として挙げられるのは、即戦力となる人材を育てていることです。

ITの専門学校を選んでいる学生の多くは目指している職業や業界が決まっていて、その夢に向かって毎日切磋琢磨しています。専門知識を積極的に学んでいるので、いざ現場に出たときにも即戦力として活躍してくれます。

また、専門学校によっては企業と協力をしてカリキュラムを組んでいることもあります。そのため、企業側は専門学校生を採用すれば高度な技術を持った人材を獲得することが出でき、研修などに掛かるコストの削減や退職などの採用のリスクを負わずに済みます。

また、専門学校と企業、講師と採用担当者とのコネクションがあることも就職に強い理由です。優秀な人材を獲得したい企業は専門学校と連携して就職を斡旋したり、連携をしている学校に多くの求人を出したりすることもあります。

さらに、OBやOGが働いていることで専門学校と企業の信頼関係が生まれ、就職しやすい環境が整っていることも少なくありません。場合によっては、講師の元教え子が採用担当者だったりすると、積極的にその専門学校から生徒を採用してくれたりすることもあるので就職に強いのです。